暇人大学生のSplatoon攻略

スプラトゥーン2攻略!! スプラトゥーンブログ

前作A帯止まりが今作S+50(カンスト勢)になった話(後編)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

supura831.hatenablog.com

 

前回の続きです。

 

簡単に言いますと、前回は2が発売するまでの話をしていました。結構マイナスイメージのことが多かったと思います(笑)。でも今回は良いこと言いますw←

 

 

 

 

馴染め出した大学、スプラ発売

スプラ2が発売された頃は僕が大学2年の頃でした。前の記事でも言いましたが、僕はあまり1回生のころ大学に馴染めていなかったですし非常に疲れていました。

 

でも2回生になるころには慣れて、またスプラ2も発売するということでモチベも上がっていました。

 

そして、、、スプラ2が発売!!!!

 

当時switchがめちゃくちゃ入手困難な状況でしたが、なんとか発売までに間に合わせて買ったという記憶があります(笑)なので発売日にスプラをできるようになりました。

 

しかし大学はテスト期間wwそんなのかんんけえねえええーーーーwwwww勉強無視でスプラを一日8~10時間してました(笑)(単位2個おとしました←←

 

またスプラ2は人気のゲームなせいか、大学でもやっている人を見つけて今でもその人たちと一緒にスプラしています。まぁ単位は落としましたが、良い仲間も手に入れたので本当スプラ2やってよかったです(笑)

 

 

 

ウデマエがあがって悩む

大学のテストが終わり、夏休みはずっとスプラをしていました(笑)

 

すると買ってすぐ(2週間くらい)ウデマエがS+になったなりました。当時はめちゃくちゃ喜んでた気がします。だって1ではずっとA帯だったからww←

 

まぁ今作は前作と違ってウデマエがあがりやすいシステムになっていたので、1のころよりは確実にS+になれるような仕組みではありました。


S+に上がったことにより、さらにスプラに対しての熱意も上がってきました。これ、俺でもカンストいけるんじゃね??淡い期待が立ち込めます(笑)

 

しかし当時S+はS+0~S+50まであり、S+なんとかでウデマエが割れると一気に0にたたきつけられる鬼畜ルールが設けられていました(笑)途中で下がる具合が5になりましたけど、結構鬼畜でした。

 

 

自分はそのどの沼にはまり、おそらく400時間くらいS+0~10の間でさまよっていました(笑)。もうおれだめなのかなあと思ったりもしました。

 

その時はいろんな試行錯誤をしました。敵の位置、攻めるタイミング、武器練、エイム練習、メンタル強化.....いろいろなことを調べました。

 

もうメンタルズタボロ時にはよくリグマもしていました(笑)

 

そんな時あることがきっかけでウデマエが一気に上がります。

 

 

 

自信を手に入れる

自分がホコでS+14の時ですね、なんかその時から本当に負けなくなったんですよ(笑)

 

理由としては52ガロン凸をメイン武器に切り替えたからだと思います。52ガロン凸は当時カーリングとプレッサーというサブスペ最強セットでした。しかしメインが使うのが難しいのであまり使っている人はいませんでした

 

自分は結構エイム練習やプレッサー武器も練習していたので52ガロン凸はすぐ使えるようになりました。今思えば400時間いろいろ練習してもがいた甲斐があったなと思います。

 

そして、初めてS+で飛び級をしました(S+14~S+19)

この時は本当にうれしかったです。また俺はできるぞ!っと自信につながりました

 

 

これが3月の頭くらいだったんで、ここから何回か割れましたが1カ月ほどでカンストしました。その時は本当に達成感でいっぱいでした。何回もいますが1の時はA帯でもがいていたのでそこから思うと本当に成長したなと思います。

 

1から数えると約2年間かけてカンストしたということになります

 

 

 

まとめ(伝えたいこと)

僕はカンストしたことによって色々な自信を持てたということが大きな収穫になりました。

 

これはスプラに限ったことだけではありません。例えば学校の試験なんかも自分はカンストしてるんだから頑張ったらいける(笑)←、のような根拠はないですけどこういうことを思っています。

 

 

でも、これってすごい大事なことなんじゃないかと思うんですよね

 

カンストするまでには何回もどうやったらカンストできるのかをずっと考えて悩んで答えを見つけ出してきました。そして諦めなかったです。

 

僕はこの答えを探すプロセスと諦めない心が他のことにも無意識的なレベルでつながっていると思うんですよ。

 

中にはゲームにこんな熱くなってキモイ....とか思う方もいると思います。楽しんでスプラトゥーンさえできれば良いなんて思う方もいます。

 

でも色々思考錯誤したときにしか生まれないモノもあって、それが先ほどいった答えを探すプロセスと諦めない心で、それが無意識のレベルで自信を生みだすと僕は思います。そして自信は生活のあらゆる部分を助けてくれると僕は思います。

 

 

 

今はカンストという概念はウデマエXが施行されたことにより無くなりましたが、Xパワーをモチベーションにしていくのもありだと思います。僕は大体Xパワーが2400台に入ればカンストクラスのXパワーがあるとみています。

 

僕はまだそんなにできていないので、とりあえず全ルールXパワー2400を目指して頑張ります。みなさんも僕の話を聞いて私も僕も目指してみようと思ってくれたら幸いです。

 

長々と書いちゃった(笑)、明日からは普段通りの記事を書いていきます(笑)