暇人大学生のSplatoon攻略

スプラトゥーン2攻略!! スプラトゥーンブログ

潜伏のコツを教えます!スプラトゥーン2(S+50,X2500)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちわーJINでーす

 

 

 

今日は潜伏のコツを教えようと思います!

 

 

スプラトゥーンが他のシューティンゲームとの大きな違いがインクに潜伏できるということ!

 

なので潜伏の幅が他のゲームよりも広くなり、そして潜伏を決めることで状況を一変することができます!

 

これができるようになると、上位勢に一気に上がれます!

 

それではいきましょう(^_-)-☆

 

 

 

 

 

潜伏のコツ

塗る

すごくあたりまえなことですが、これができてない人は意外に多いです

 

潜伏をするためには塗りを広げないとまず潜伏できません!

 

塗りが弱い武器にしろ、まずはこのことを強く意識しないといけません

 

 

 

 

地形把握

ただ潜伏をするだけではいけません

 

潜伏を効果的に使わないと意味がありません

 

そのためには潜伏が刺さる場所を自分なりに探しておきましょう

 

地形把握することでそれがわかるようになってきます

 

良い潜伏場所は

・相手が気づきにくい

・周りが見える場所

 

この2点を両方満たす場所が最適です

 

周りを見て視野を広げるための索敵能力アップの記事も書いてあるので参考にしてもられば↓ ↓

 

supura831.hatenablog.com

 

 

 

 

イカニンやサイレント泳ぎ

 

イカニンをつけることでイカ移動する際のしぶきを無くすことができ、潜伏がやりやすくなります!

 

サイレント泳ぎというのは、イカ移動を遅くすることでしぶきをカットする行為です(↓ ↓動画

 

 

 

潜伏では相手に気づかれないことが重要です!これらの行為はそのための補足的なものということになります

 

 

 

 

 

 

具体的な潜伏

 

ここからは僕がよくやっている潜伏を紹介します

 

4つほどよくやっている潜伏を紹介します(まだまだありますけどw

 

 

 

壁裏潜伏

文字通り壁裏に潜伏することです

 

壁裏に潜伏することで周りも見渡せますし、相手の攻撃も当たりづらいので有効な潜伏テクニックです

 

ただ、イカニンをつけても壁裏潜伏はしぶきが見えてしまうのでそこは注意しましょう

 

 

潜伏を外してしまうと、相手に一瞬で気づかれてしまうのでエイムを一発で合わせましょう

 

 

 

 

高台潜伏

 

高台は周りを見渡せるのでとても潜伏が刺さりやすいです

 

ただ、高台はよくクリアリングされ、また相手からもよく見られやすいのでそこは注意が必要です

 

 

 

コツとしては、相手に見つけられないようにダメージが当たらないような場所に潜伏することです

 

これが決まれば結構気持ちいです(笑)

 

 

 

オブジェクト潜伏

これはオブジェクトを意識する潜伏術です

 

ある程度地形やルールを理解すると、どの位置から敵が出るかがわかってきます

 

そしてそのほとんどがオブジェクトに関与しています

 

なのでオブジェクト潜伏と呼んでいます(笑)

 

 

この場合、Bバスはアサリが通路のルートから来ることが多いので先に潜伏しました

 

2落ちの状況で危ないですが、これが刺さったのでなんとか持ちこたえた感じです(:_;)

 

 

 ミリ潜伏

ミリ潜伏というのは、わずかなインクの中に潜伏する方法です

 

上位勢にはこのミリ潜伏をする人が多いです

 

え!そこいんの!!みたいな感じになります(;'∀')

 

この潜伏は常識にとらわれず、肝が据わってなければできないことです

 

 

 

 

潜伏のリスク

塗り負担

 

潜伏するということは、一時的に味方に負担をかけることになります

 

なので長時間潜伏はあまりよくありません

 

潜伏と塗りのバランスを考えながら行動しなければいけません

 

 

 

決めないと不利になる

 

潜伏が失敗するとかなり不利な状況になります

 

塗りで味方に負担をかけているのに加えて、人数でも負担をかけることになるからです

 

なので、潜伏を狙うなら最低でも1キルはする意識でいないといけません

 

2キル持っていけたら成功です

 

潜伏はイチかバチかです(笑)

 

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

潜伏は人によって考え方が少し違うかもしれませんが、僕なりの意見は書いたつもりです

 

潜伏は意識して練習すれば必ずできるようになると思うので、参考にしてもらえれば幸いです

 

※こちらの記事も参考にどうぞ!(10/10更新)

 

www.jinsplatoon.com

 

 

www.jinsplatoon.com